株式投資、クレジットカード、副業、借金問題、マイレージ

White List

株式投資

PER・PBRの意味は?計算方法や違いの解説

投稿日:12月 11, 2018 更新日:

今回は、株式投資で必ず覚えておくべき指標、PERとPBRについて解説していきます。

計算方法やその考え方、投資にどのように活かすのかを詳しく説明していきます。

PERとPBRは、株価の割安・割高を知るための指標

どんなに将来性・収益性のある企業でも、すでにそれが株価に織り込まれて、株価が上がっている可能性があります。

それを確認するためにPERとPBRを見るのです。

次に、それぞれの計算方法を詳しく見ていきましょう。

PER(株価収益率)とは

PER(株価収益率)は、収益の何倍まで株価が上がっているかを示す値です。単位はです。

PER(倍)= 株価 / EPS(1株あたり当期純利益)

EPS(1株あたり当期純利益)=  当期純利益 / 発行済株式数

収益の割に株価が上がっている、つまりPERが高くなっていれば割高であると言えるのです。

PERの平均は業種によって異なるので、具体的にいくらが高いとは言えません。PERを見るときには、同業の平均やライバル企業のPERを比較します。

以下のリンクから、規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)一覧を見ることができます。

その他統計資料 | 日本取引所グループ

こちらを見ると、東証一部・二部では10〜30倍くらいが平均のようです。

マザーズとかになると、かなり高い数字になっています。将来性があるので、高いPERでも買われているのです。

PBR(株価純資産倍率)とは

PBR(株価純資産倍率)は、株価の安全性を示した指標です。単位はです。

PBR(倍)= 株価 / BPS(1株あたり純資産)

BPS(1株あたり純資産) = 純資産 / 発行済株式数

もし会社が解散したとしても、残ったお金は株主に分配されます。

株価に対して純資産が多いということは、解散しても株主のダメージが比較的小さいということになります。

以下のリンクから、規模別・業種別PER・PBR(連結・単体)一覧を見ることができます。

その他統計資料 | 日本取引所グループ

こちらを見ると、東証一部・二部では1倍前後くらいが平均のようです。

マザーズでは、1〜10、高い業種では100を超えるような業種もあるようです。

PER・PBRは低ければ良いという訳ではない

PERやPBRは、数値が低ければ割安感がありますが、必ずしも低ければ低いほど良いという訳ではありません。

成長性が低く、将来的に株価が高くなる可能性が低いために、割安で放置されている場合もあります。

株主に見放されれば、いくら割安でも株価は伸びません。

PER・PBRが低い銘柄に投資をする場合、将来性・成長性があるのかを見極める必要があります。

会社の製品やサービスの良し悪しを見て、魅力のある企業か判断する必要があります。

また、財務状況や売り上げの推移を確認する必要もあります。

  • サイト管理人
white-list

ホワイトパンダ

このサイトの管理人です。借金地獄を経験した元ブラックリストで、借金は完済。 今は個人投資家で陸マイラー。

-株式投資
-,

Copyright© White List , 2019 All Rights Reserved.